胸バストの肉割れの原因と改善方法について

バスト 肉割れ 

 

肉割れというのは、身体のどの部位にも出来てしまう可能性があるものです。
特に、成長期や肥満などで体型が変わったり、強く皮膚がひっぱられるような変化が起きる部位は、肉割れが起きやすいとされています。

 

この肉割れは、男女に関わらず起きる可能性があり、
特に女性の場合には、成長期などでお尻などに肉割れが出来やすいのです。

 

そんな忌々しい肉割れですが、実はバストにも出来てしまうことがあります。
このバストの肉割れの原因は何なのか、改善方法はあるのかという事について、ご説明していきます。

 

バストの肉割れ・・・その原因は何?

 

バスト 肉割れ 原因 

 

バストというのは、女性にとっては一番気にする箇所といっても良いものです。
バストの大きさに関わらず、やはり女性として綺麗なバストを保ちたいものですよね。

 

ですが、とあるきっかけから、バストに肉割れができてしまうことがあります。
その肉割れの原因とは、どのようなものがあるのでしょうか。

・成長期の急激なバストのサイズアップによるもの
・妊娠中などのバストの発達によるもの

このような事が原因となり、バストに肉割れが出来てしまうことがあります。

妊娠中のバストの肉割れは、正確には肉割れではなく妊娠線なのですが
大体同じようなことが理由となっておきています。

 

バストのサイズアップでどうして肉割れができるの?

 

バスト 肉割れ サイズアップ 

 

では、どうしてバストがサイズアップすると肉割れができてしまうのでしょうか。

 

バストがサイズアップすると、皮膚がどんどん引っ張られていく状態となります。
その際、皮膚の表皮は順調に伸びる事が出来ても、その奥にある真皮や皮下組織に負担がかかり
ヒビが入る(亀裂が出来る)状態となってしまい、肉割れができてしまうのです。
簡単に言えば、表皮の内部の真皮が、裂けてしまうという事です。

 

成長期に急激にバストがサイズアップするというのはとても嬉しい話ですが
その際に肉割れが出来てしまうと、実は後々困った事になる可能性があるのです。
それは、肉割れで出来た線は、バストであろうがどこであろうが、なかなか消えないというものです。
皮膚表面の傷というのは、大体の場合には綺麗に治るものですが、
この皮膚内部の傷はなかなか治す事が出来ません。

 

そのため、一度肉割れができてしまうと、完全に治すことは難しいとされているのです。

 

バストの肉割れを改善する方法はある?!

 

バスト 肉割れ 改善 

 

完全に肉割れを治すことが出来ないとしても、薄くする方法はあるの?!と、
気になってしまいますよね。

 

実は、バストの肉割れを薄くする方法ならば存在しています。
ただ、即効性はなく、根気よく続けていく必要がありますので、その点には注意してください。

 

気になるその改善方法とは、肉割れ専用のクリームを塗るという方法です。
それだけ?!と思うかもしれませんが、これがとても重要なのです。

 

多くのクリームは、肉割れを予防するためにケアを行うものとして販売されているのですが、
中には出来てしまった肉割れに対してケアを行うためのものもあります。

 

そのようなクリームを使用し、皮下組織の修復作業を手伝ってあげることで
肉割れでできてしまった線を薄くしていく事が可能です。

 

専用のクリームをつけてバストを優しくマッサージし、
クリームの成分が皮下組織に浸透するようにしていきます。
保湿しながら、皮膚に弾力とハリを持たせるということが目的となります。

 

時間はかかりますが、毎日続けていく事で、改善される見込みは十分にありますので
諦めずに毎日毎日、マッサージを続けて週間化してみてくださいね。